それは内宇宙からやってきた。

感謝します。失読な僕に言葉をくれた、あなたに。

時間を克服したいのです

今月の休暇は全て寝て過ごしました。
明日仕事が忙しいそうです。

僕の惨めな気持ちの根源は理不尽な時間なのです。

睡眠か文字に向き合うか。
最近はずっと前者。
不毛でした。
どうすればいいのでしょう。

カフカを待ちながら

ちゃんとカフカみたいに生きられていますか。

近所で花火大会がありました。
みなさん盛り上がっていました。
花火を見て何がそんなに嬉しいのでしょうか。
ぼくは花火を楽しがるポーズを辞めました。
実はよくわかってない絵画を嬉しがる振りをやめました。
どうして世間に取り繕ったりしたのでしょうか。

感動とは孤独なものではないのでしょうか。
さあ、独りになろう。

今日から仕事。気持ちの切り替えができません。
最近は何事にも焦りすぎていました。
ご飯をよく味わえてませんでした。
周りをよく見据えてませんでした。
一体僕はどこにいたのでしょうか。
時間がチグハグなのです。
ただ一つだけ学習したのです。
哀しみを吐き出すと安心出来るのです。
悦びを分かち合うには僕はまだ無知で愚かなのです。

コノママジャダメダ。

今日は休暇。
寝て過ごしたのです。
オーマイガー

今日も本を読みませんでした。
読む意思がないのでしょう
読みたいと嘘を付いているのでしょう。

しかし僕は読まなければいけないのです。
何も知らないのだから。
独りなのだから。