読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それは内宇宙からやってきた。

感謝します。失読な僕に言葉をくれた、あなたに。

今月も終わる

■観た映画の数:三本

■読んだ本の数:二冊

 

毎月こんな感じだ。

時間が作れないわけじゃない。

ここ数年で僕にとってのフィクションの価値が下がってきている。もう生活を犠牲にしてまで物語を渇望する欲求は無い。それでも無理をして観ようと、読もうとしている。なぜだろう。


たぶん、"業"ってやつだよ。そういう事にしておこう。そういう事にしておくれ。ぼくのしょうもない自己を守るには、今までの習慣を継続するしかない。物語を摂取しないと空っぽになる。空っぽになったら、変わってしまう。変わりたくはない。

臆病者の僕は、過去に生きている。終わりを見据えて後退してる。


さて、明日は何を観ようかな。今日?観ないよ